ホーム > 診療科・部署よりお知らせ > リハビリテーション科
診療科・部署よりお知らせ

リハビリテーション科

リハビリテーション科では理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)、心理療法士が主に神経難病、筋ジストロフィー、脳性麻痺、発達障害やその他の疾患の患者様に対して様々な治療、指導、相談を行っています。

 

神経難病のリハビリテーション

根本的治療がない神経難病においては、リハビリテーションが重要です。同じ症状でも、リハビリをすることで日常生活が改善することも多く、リハビリをしないと病状の進行による障害が強くなります。理学療法士が上下肢の運動、マット上での体全体の運動や平行棒、杖など用いての歩行訓練を行っています。また、作業療法士は日常生活動作の中での手指の巧緻動作や応用動作(食事、トイレ、入浴、着替えなど)の改善に取り組むことでよりよい生活が送られるよう各種作業、環境装置の設定、環境整備などを行っています。また、退院後も通院が困難な患者様には訪問リハビリテーションも実施しています。

 

重症心身障害児・者のリハビリテーション

生まれつき体に何らかの障害があるために、運動機能の障害や手足・体幹の変形、拘縮が日常生活に支障をきたしている患者様に対して運動機能の改善と維持を目的とし、補助的に使用する車椅子や各種の補装具などを検討・製作しています。また、関節の動きや呼吸機能を評価し二次的に起こる様々な合併症を予防するための治療や姿勢を良い状態に保つためのポジショニングなどを行っています。

 

筋ジストロフィーのリハビリテーション

筋肉がおかされる代表的疾患である筋ジストロフィーは、いくつかの病型に分類されています。それぞれの病型により、臨床症状や進行が異なります。当院では個々の患者様の症状に応じて、筋力維持運動、伸張運動、起居・移動動作運動、装具療法、呼吸療法、作業療法のリハビリテーションを行っています。

 

発達障害のリハビリテーション

生後の運動発達(首のすわりが遅い、寝返りができない、歩くのが遅い、上手に食べることができない、発語が出てこないなど)に関する様々な事柄について評価・治療・助言指導を行います。

 

心理療法

臨床心理検査・神経心理検査・カウンセリングにより患者様との治療的対話を通して、心身の不調を軽減し,精神の安定や改善を図ります。

 

ページの先頭へ