ホーム > 病院よりお知らせ > 概況と特徴
病院よりお知らせ

概況と特徴

1. 医療法の病床数

小児科・神経難病病棟
(1個病棟)
60床
神経難病病棟
(1個病棟)
50床
筋ジストロフィーを主体とした障害児者病棟
(2個病棟)
100床
重症心身障害児(者)を主体とした障害児者病棟
(2個病棟)
100床
合  計
(6個病棟)
310床

 

2.標榜診療科

【診療部門】

・内科 ・精神科 ・小児科 ・神経内科 ・呼吸器内科 ・外科 ・整形外科
・ リハビリテーション科 ・皮膚科 ・歯科(入院患者に対応)
以上10診療科

【福祉部門】

・療養介護サービス ・医療型障害入所サービス(指定医療機関)・相談支援事業 
・短期入所事業 ・日中一時支援事業
・多機能型デイサービス(生活介護・児童発達支援・放課後等デイサービス)

 

3. 運営方針

  1. 神経・筋疾患(筋ジストロフィーを含む)に関する専門的な医療
  2. 成育医療に関する専門的な医療
  3. 重症心身障害に関する専門的な医療
  4. エイズに関する専門的な医療(エイズ拠点病院)
  5. その他(*骨・運動器疾患等に関する医療 *小児救急に関する医療)

 

4.施設の面積等

敷地面積
45,850㎡
建面積
12,052㎡
延建物面積
21,536㎡

金沢市の中心部(金沢市役所)から北東約8キロに位置しており、IR森本駅より1.2キロまた、北陸自動車道金沢森本IC、及び金沢外回り環状線森本ICが0.5キロ以内にあります。 周辺環境としては、病院南東側に、当院名称由来とされる医王山がそびえ、また敷地東側に隣接した丘陵地は金沢北の森・堅田城址公園として整備が進行中で、緑色濃い自然に恵まれた療養環境に最適の環境にあります。

 

5.沿革

S13年11月
石川県結核療養所として創設され、石川県立療養所医王園の名称で診療開始
S18年 4月
日本医療団へ移管され、日本医療団医王園と改称
S22年 4
厚生省へ移管され、国立療養所医王園と改称
S44年 5月
第一重症心身障害児病棟(40床)開棟 (平成20年4月廃止)
S46年 6月
第一筋ジストロフィー症児病棟(40床)開棟 (平成20年4月廃止)
S46年10月
第二重症心身障害児病棟(40床)開棟  (平成20年4月廃止)
S47年 6月
第二筋ジストロフィー症児病棟(40床)開棟 (平成20年4月廃止)
S52年 4月
国立療養所医王病院と改称
S55年 4月
小児病棟(100床)開棟
S59年10月
デイケア棟開棟
H 7年 7月
エイズ拠点病院指定
H 8年 2月
結核病棟(42床)廃止(一般260床)
H16年 4月
独立行政法人国立病院機構医王病院として発足
H17年 7月
独立行政法人国立病院機構金沢若松病院と統合(一般310床)
 
3病棟(神経難病50床)開設
H20年 4月
中病棟(200床)・リハビリ・療育訓練室開棟
H20年 8月
第1病棟改修
H20年10月
デイケア棟(旧第5病棟)改修(平成29年10月廃止)
H21年 2月
臨床研究棟(旧第6病棟)改修(平成29年10月廃止)
                                        
H29年10月
西棟開棟(小児科・神経難病60床、デイケア)

 

ページの先頭へ